広島東洋カープは9日、広島市中区のホテルで新人9選手の入団会見を開いた。大学ナンバーワン右腕と評され、即戦力の期待がかかるドラフト1位の森下暢仁(まさと)投手(22)=明大=は「リーグ優勝し、日本一になりたいと思っているのでチームに貢献したい」とプロ入りの決意を語った。

 新人は松田元オーナーや佐々岡真司監督とともに登壇。緊張した表情でマイクを握り、アピールポイントや抱負を明かした。ドラフト2位の宇草孔基外野手(22)=法大=は「鈴木誠也選手のようなスケールの大きな選手になりたい」と力強く目標を掲げた。

...    
<記事全文を読む>