元米大リーグ、イチローさんの草野球デビューが話題となった前日、同じ軟式球を使った兵庫県都市対抗大会が決勝を迎えた。注目度が高いとは言えないが、今年で70回を数え、甲子園経験者も出場する伝統ある大会だ。

 取材では元高校球児との再会が味わい深い。優勝したグローリープロダクツ(姫路市)の捕手・安積雅之は、神戸国際大付時代の2010年センバツに出場。3年夏は兵庫大会準決勝で加古川北に屈した。その加古川北と引き分け再試合の末に優勝したのがエース原樹理(現ヤクルト)擁する東洋大姫路。当時の中河宏輝主将は、今年の県都市対抗大会で準決勝に進んだグローリー(姫路市)の遊撃手-。とまぁ、メン...    
<記事全文を読む>