皇學館大4年の奥谷行宏(22)が社会人野球のJR西日本(広島)入りする。名張桔梗丘高時代に50メートル5秒9を計測した俊足と強肩強打が持ち味の外野手。全国経験はなく、都市対抗野球で4回、日本選手権で7回の出場経験を持つ西日本の名門チームで新たなスタートを切る。

野球を始めたのは名張中入学後。高い身体能力と、真摯(しんし)な姿勢で遅れをカバーした。大学入学後も、自宅のある名張市から大学のある伊勢市まで電車通学しながら自主練習や筋力トレーニングに励み約10キロ増量。野球部の森本進監督(61)は「プレーは派手だがまじめに、こつこつやれる選手」と内面も評価する。

大学1...    
<記事全文を読む>