野球人口の増加へ、侍ジャパンの守護神が立ち上がった-。ベイスターズの山崎康晃投手(27)が7日、川崎市高津区でスポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」の野球教室イベントに参加。抽選で選ばれた小学生35人の講師役を務め、「目標を持ち続けて諦めないで」と熱っぽく語った。

 「体をぶらさずに、投げたい方向に顔を向けよう」。冷たい雨が降りしきる中、山崎はキャッチボールを行う子どもたち一人一人に寄り添い、身ぶり手ぶりで基本動作を教えた。

 ハマの絶対的クローザーとして、2年連続のセーブ王に輝いたプロ野球のスターを前に目を輝かせる子どもたち。「どうすれば伸びる球が投げられま...    
<記事全文を読む>