日本ハムの浅間大基外野手(23)が6日、札幌市内の室内練習場で汗を流した。今季は開幕スタメンに三塁手として名を連ねたが、来季は外野手一本にすることを既に宣言している。激戦区のレギュラー奪取のために、盗塁の数を増やすことを掲げた。

 打つだけでは奪えない。外野のレギュラー獲りに挑む浅間は「盗塁数を上げていかないと、レギュラーは見えてこない」と冷静に口を開いた。俊足強打を武器にプロ入りするも、ここまでの5年間、通算盗塁数はわずか「8」。2016年、17年は腰痛を抱えていたこともあり「トライがなかなかできなかった」が、その後も本領発揮に至っていないのが現状だ。

 盗塁...    
<記事全文を読む>