日本女子プロ野球で活躍した選手たちによる女子中学生向けの硬式野球教室が、伊豆の国市韮山多田の韮山運動公園であった。静岡、神奈川、東京から約八十人が参加し、憧れの「先輩」から打撃や投球、守備の基礎を学んだ。

 プロでは好守で鳴らした沼津市出身の岩見香枝内野手(26)や、投打で多くのタイトルを獲得してきた小西美加投手(36)、今季のベストナインを受賞し人気も高い加藤優外野手(24)ら五選手が指導。プレーの実演も交えながら、理想の投球フォームを固めるための体の使い方や、逆方向への強い打球を意識したスイングなどを丁寧に教えた。

 静岡県東部の選手が中心のチーム「スルガマ...    
<記事全文を読む>