西武は6日、元マリナーズのショーン・ノリン投手(29)と元ブリュワーズのコーリー・スパンジェンバーグ内野手(28)との契約に合意したと発表した。

 左投げ左打ちのノリンは先発型。メジャー通算8試合で1勝3敗、防御率6・89。

 右投げ左打ちのスパンジェンバーグは内外野こなせる万能タイプ。メジャー通算419試合に出場し、通算打率2割5分6厘、29本塁打を記録している。2014年にパドレスでメジャーデビューし、今季はブリュワーズに所属していた。

...    
<記事全文を読む>