ベイスターズの今永昇太投手(26)、ドラフト1位の上茶谷大河投手(23)ら5選手が5日、横浜市中区の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。初の開幕投手を務め、チーム最多13勝をマークした今永は6900万円増でほぼ倍増の1億3600万円でサイン。チームの先発投手で唯一大台に乗せた。上茶谷は2800万円アップの4300万円で合意した。

 そのほかの契約更改は次の通り。(金額は推定)

 ▽嶺井博希捕手 3100万円(400万円増)
 ▽倉本寿彦内野手 5000万円(1400万円減)
 ▽藤岡好明投手 1800万円(650万円増) <記事全文を読む>