◆西武契約更改交渉(4日)

 パ・リーグMVPに輝いた西武の森友哉捕手(24)が4日、埼玉県所沢市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億2000万円増の年俸2億円でサインした。開口一番「びびりました」と当人も目を丸くするように、リーグ2連覇の主役は1億円を飛び越え、次の大台に一気に到達した。

 (金額は推定)

 緩みっぱなしの表情が最大級の評価を表した。「予想以上だった。来年が不安。しっかり結果を出さないと給料も上がらない。より一層頑張らないと」。打率3割2分9厘でパ・リーグの捕手では1965年の野村克也(南海)以来、54年ぶりの首位打者を獲得。23本塁打、10...    
<記事全文を読む>