◆西武契約更改交渉(4日)

 フリーエージェント(FA)権行使による主力の流出が相次ぐ西武で、順調なら来季中に国内FA権の取得条件を満たす金子侑と増田が契約更改交渉に臨んだ。ともに一発サインながら、対照的な更改となった。

 3年ぶりの盗塁王となった金子侑は、6300万円増となる年俸1億2000万円プラス出来高の変動制の4年契約を結んだ。契約期間中のFA権行使を“封印”した格好となり、「ライオンズの全てが大好き。4年という短くない契約をしてもらって、ライオンズの顔になっていけるように頑張りたい」と誓った。

 一方、守護神の増田は...    
<記事全文を読む>