米大リーグ通算70勝のトレバー・バウアー投手(28)=レッズ=が4日、横須賀市のベイスターズ2軍施設を視察し、今永昇太投手(26)、京山将弥投手(21)ら投手陣と交流した。

 京山とキャッチボールしたメジャー屈指の好投手は「球にバックスピンがかかって伸びてくるね」と高評価。スプリットの握りを教わるなど、ベイの若き右腕に質問を浴びせ「日本人投手はスプリットを得意としている。帰国したら試してみる」と意欲的だった。京山は「僕のへなちょこスプリットでしたが、うれしかった」と恐縮していた。

 動画でバウアーの投球フォームをチェックしているという今永は約10分間、投球談議に...    
<記事全文を読む>