◆西武契約更改交渉(2日)

 今季パ・リーグ打点王に輝いた西武の中村剛也内野手(36)が2日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、9000万円増の年俸3億5000万円でサインした。2億8000万円とみられた今季の年俸が2億6000万円だったことを明かしながら、V字回復の喜びに浸った。

 にっこりとした顔が充実した交渉を物語っていた。2015年オフには当時の日本人野手最高の年俸4億1000万円で契約したが、17年オフには1億3000万円の大幅減俸。それだけに「打点王のタイトルも取れて、リーグ優勝もできた。それなりにチームに貢献できた。ちょっとお金も増えたか...    
<記事全文を読む>