野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは1日、高崎市内の式場で新入団選手と練習生から昇格した計16人の発表会見を行った。来季から指揮を執る牧野塁監督と西村弥コーチら首脳陣も出席。創設以来最多の入団者数で新チームは若返りを図る。

 牧野監督は「自分も1年生で挑戦者。全員に期待したい。しっかり競争して高いレベルで戦ってほしい」とエールを送った。西村コーチは「会話を重視し全力でサポートする」と述べた。

 前橋育英高の2013年夏の甲子園優勝メンバーで国学院大、BCリーグ滋賀で活躍した工藤陽平外野手は「やっと群馬でプレーでき...    
<記事全文を読む>