現役のプロ野球選手が子どもたちに指導する野球教室が一日、富山市下飯野の市民球場で開かれ、魚津市出身で千葉ロッテマリーンズの石川歩投手ら三人が上達への秘訣(ひけつ)を伝授した。(向川原悠吾)

 県内の二十三の野球チームから五、六年生を中心に約二百人が参加。ロッテから石川投手と高岡市出身の西野勇士投手の二人と、宮城県出身で野手の平沢大河選手が投球や守備、バッティングのこつを教えた。

 子どもたちはポジションごとに分かれ、石川投手らが練習を見回りながら声を掛けるなどして直接アドバイスした。チームで投手を務めている富山市芝園小学校六年の尾上真翔(おうえまなと)君(11)...    
<記事全文を読む>