バレーボール・Vリーグ女子は24日、岡山県総合グラウンド体育館などでプレミアカンファレンスとスターカンファレンスの交流戦があり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)は東レアローズに1―3で敗れた。通算成績は4勝6敗となり、プレミアカンファレンス4位。

 第1セット、久光製薬は序盤でリードを奪ったものの、中盤以降に点差を詰められて23―25で競り負けた。第2セットも点の奪い合いになったが、終盤に新鍋理沙と岩坂名奈の連続ブロックポイントで25―21で押し切った。しかし、相手の打点の高い攻撃に苦しんで第3セットを失うと、第4セットも立ち上がりの7連続失点が響き、17―25で落とした。<...    
<記事全文を読む>