バレーボールのVリーグ女子2部は23日、長野県軽井沢町の軽井沢風越公園総合体育館などで4試合を行った。本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは浜松に3―1で逆転勝ちした。今季初の連勝で通算成績は3勝2敗。順位は4位。

 アランマーレは第1セットこそ24―26で競り負けたが、第2セットは木村友里、藤原真理子を中心としたアタッカー陣が得点を重ねて25―18で奪った。第3セットはセッター田村愛美のトス回しがさえて25―21で奪取し、第4セットも多彩な攻撃が決まり25―21で振り切った。24日は同会場で3位のGSS東京と対戦する。

...    
<記事全文を読む>