バレーボール・Vリーグ女子は23日、岡山県総合グラウンド体育館などでプレミアカンファレンスとスターカンファレンスの交流戦が始まった。プレミアカンファレンスの久光製薬スプリングス(鳥栖市)は、PFUブルーキャッツを3-1で破って連敗を2で止め、交流戦白星発進となった。通算成績は4勝5敗でカンファレンス4位。

 久光製薬は序盤からの連続得点でリードを奪い、第1セットを25-18で先取した。第2セットは攻撃のコンビがかみ合わずに逆転で失ったものの、井上愛里沙や加藤光らが得点を重ねて第3、4セットを連取した。

 久光製薬は24日、同体育館でスターカンファレンス3位の東レ...    
<記事全文を読む>