バレーボールV1は23日、各地で行われ、女子はカンファレンス間の交流戦が始まった。岡山市のジップアリーナ岡山でホームゲームに臨んだプレミアカンファレンス2位の岡山シーガルズはスターカンファレンス3位の東レを3―0で退け、4連勝。通算6勝3敗として2位をキープした。東レは連勝が6で止まり、7勝3敗となった。

 シーガルズはレフト金田やライト渡辺が要所で得点して2セット連取。競り合いとなった第3セットは21―23からひっくり返した。

 デンソーは開幕からの連勝を9に伸ばした。久光製薬はPFUに、NECはJTにいずれも3―1で快勝した。
...    
<記事全文を読む>