バレーボールのVリーグは17日、草薙このはなアリーナなどで開催され、V1男子の東レはジェイテクトにストレートで敗れ、地元で連敗を喫した。東レはジェイテクトのエース西田有志の強力サーブに苦しんだ。第1セット序盤は李博の速攻が決まり、サイドの攻撃も機能して競り合いに持ち込んだが、終盤に西田のサーブで連続失点。第2、3セットも西田の勢いを止められなかった。

 ▽1部男子
 ジェイテクト(21) 3(25―21 25―15 25―18)0 東レ(8)
 
 ■サーブで崩され連続失点
 東レはジェイテクトのエース西田の強力サーブに守備を乱されて...    
<記事全文を読む>