バレーボールのV1は16日、茨城県日立市の池の川さくらアリーナなどで行われ、女子でプレミアカンファレンス3位の岡山シーガルズは、2位NECに3―0で快勝した。今季初の2連勝で通算4勝3敗(勝ち点13)。3位は変わらなかったが、NECの連勝を5で止め、1勝差に迫った。

 シーガルズは第1セット、佐々木、渡辺らの得点で終盤に突き放して25―19。第2セットは相手をわずか10点に抑えて攻守に圧倒し、第3セットは長いラリーを次々とものにし、2試合連続のストレート勝ちを収めた。

 同カンファレンス首位で唯一無敗のデンソーは日立を3―0で下し、7勝目。新...    
<記事全文を読む>