バレーボールのVリーグ女子2部は10日、広島市の猫田記念体育館などで4試合を行った。本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは大野石油広島に3―2で競り勝ち、今季初勝利を挙げた。通算成績は1勝1敗。

 アランマーレは第1、2セットを落としたが、伊藤摩耶のブロックや木村友里のスパイクで流れを引き寄せ、第3セットを25―22、第4セットを28―26で連取した。第5セットは伊藤と柳沢紫子のブロックなどで5連続得点を挙げて追い付き、藤原真理子がサービスエースを決めて16―14でものにした。16日は酒田市国体記念体育館で群馬銀行とのホーム開幕戦に臨む。
...    
<記事全文を読む>