バレーボールのVリーグ女子2部は9日、2019~20年シーズンが開幕し、広島市の猫田記念体育館などで4試合を行った。本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは柏との今季初戦に臨み、1-3で敗れた。

 アランマーレは第1セットを18-25で落とすと、第2セットは24-26で競り負けた。第3セットはオポジット(セッター対角)宮本菜月のスパイク、ミドルブロッカー菅原里奈のブロックで流れをつかみ25-18で奪った。第4セットは宮本とミドルブロッカー伊藤摩耶の活躍で優位に立ったが、相手の攻勢で競り合いに持ち込まれ、あと一本が決まらなかった。10日は同会場で大野石油広島と対戦...    
<記事全文を読む>