バレーボール男子のVリーグ2部(V2)が今月開幕した。12チームが2回総当たりで対戦しV3から初昇格したヴィアティン三重は16日に川越町総合体育館で富士通カワサキレッドスピリッツと開幕戦と戦う。2016年に発足した県内唯一のVリーグチーム。2021年のV1昇格に向けた地固めの期間としてS1ライセンス申請は見送ったが、観客動員増や県内のバレー人口に向けた積極的な仕掛けを今季も試みる。チーム強化を担当する亀田吉彦監督も「V1を目指すシーズンの序章。1年目から表彰対象の3位以内を目指して行く」と語り、攻めの姿勢を強調する。

V3最終年度となった昨シーズンの成績は勝ち点...    
<記事全文を読む>