バレーボール・Vリーグ女子は2日、東京都の大田区総合体育館などで5試合があり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)は日立リヴァーレに2―3で競り負けて2連敗を喫した。通算成績は2勝2敗で暫定4位。

 久光製薬はベテランセッター小島絢野が今季初出場。アタッカーをうまく使い分けて第1セットを先取したが、その後は相手の反撃を許し、2―2で最終セットにもつれ込んだ。日立の力強いスパイクにリベロの戸江真奈が好レシーブで応じたものの、流れを引き寄せることができず、13―15で惜敗した。

 次戦は3日、同会場でNECレッドロケッツと対戦する。

...    
<記事全文を読む>