バレーボールのVリーグ女子2部の2019~20年シーズンの開幕を前に、本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは31日、酒田市国体記念体育館で記者会見に臨んだ。5季目の指揮を執る北原勉監督は「成熟したチームに仕上がった。選手層に厚みが増し、全員バレーで昇格をつかみたい」と意気込みを語った。

 昨季は4位。ラリーで競り負ける場面が目立ったこともあり、「粘り強さを意識した練習に重きを置いてきた」と北原監督。この日は同体育館での全体練習も公開し、主将のリベロ森寿実子やミドルブロッカー本間有貴(鶴岡北高出)、新加入のアウトサイドヒッター藤原真理子ら13選手が、セ...    
<記事全文を読む>