バドミントンの全日本総合選手権第4日は29日、東京・駒沢体育館で各種目の準々決勝が行われ、ダブルスで女子の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が、栗原文音、篠谷菜留組(日本ユニシス)に2-0でストレート勝ちし準決勝に進んだ。混合の永原、保木卓朗(トナミ運輸)組は1―1となった第2ゲーム終了後、保木の右肩痛のため途中棄権した。

 女子ダブルスでは志田千陽(ちはる、八郎潟町出身)、松山奈未組(再春館製薬所)、リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、3連覇を狙う福島由紀、広田彩花(アメリカンベイプ岐阜)が勝ち上がった。

...    
<記事全文を読む>