2020年東京五輪のサッカー1次リーグが行われる札幌ドーム(札幌市豊平区)で29日、テロの発生を想定した訓練が行われた。札幌市消防局や道警などから約170人が参加し、負傷者の救助や応急処置などで連携を確認した。

 市消防局が主催し、道警、旭川と函館の2消防本部などが参加。ドームでのイベント中に猛毒サリンがまかれ、多くの人が倒れているとの想定で行った。

...    
<記事全文を読む>