バドミントンの全日本総合選手権第3日は11月28日、東京・駒沢体育館で各種目の2回戦が行われ、福井県勢は女子シングルスで3連覇が懸かる山口茜(福井県立勝山高校出身、再春館製薬所)が熊本の郡司莉子(八代白百合学園高校2年)に2-1で逆転勝ちし、準々決勝へ進んだ。

 ジュースの末に第1ゲームを取られ会場がどよめく中、「焦りはなかった」とすぐに切り替えた。山口はラリーのスピードを上げて第2ゲームを21ー18で競り勝つと、第3ゲームは21-15で圧倒。熱戦を制し3連覇へ弾みを付けた。

 相手の郡司は今秋の世界ジュニア選手権覇者。同選手権2連覇の山口に「憧れている」という...    
<記事全文を読む>