新たな表現「力出し切れた」卒業後は高知に帰り指導者に
 新体操の強豪・日本女子体育大4年の浜田真望子(高知西高校出身)が、5月にスペインで行われた「AGG(芸術的な集団体操)」の世界選手権に日本女子体育大学チームで出場し、総合で6位入賞を果たした。AGGは、フープやボールなどの手具を使う新体操と異なり、演技構成や美しさなどの出来栄えを競う団体競技。「力を出し切ることができた。新体操をしたくて大学に入ったので最初は戸惑いもあったが、3年間、AGGをやって本当によかった」と喜んでいる。
 

子どもたちにリボンの使い方などをアドバイスする浜田

 高知県南国市出身...    
<記事全文を読む>