ハンガリー柔道連盟のトート・ラースロー会長が28日、前橋市の前橋商高を訪れ、柔道部に直接指導を行った。男女20人の部員が参加し、真剣な顔つきで練習に取り組んだ。

 トート会長は同市で26日に開かれた「国際フェアプレー委員会」の会長特別賞授与式のために来日した。同国と交流の深い県柔道連盟が「日本の練習を見てもらいたい」と要望し、トート会長が快諾して実現した。

...    
<記事全文を読む>