30日に開幕する「女子ハンドボール世界選手権大会」に出場するため本県で事前練習に励むアルゼンチン共和国代表チームを激励しようと、境町は28日、町役場で歓迎会を行った。選手やスタッフ総勢23人をはじめ、アルゼンチンオリンピック委員会のエドワルド・モヤノ氏らが出席し、橋本正裕町長と和やかに会談した。

今回の来県は、境町が2020年の東京オリンピックで、同共和国のホストタウンを務めることから、12月15日まで熊本市などで開かれる「世界選手権大会」の練習会場となった。

代表チームは24日に来日し、25、26日は坂東市総合体育館、27日は、さしま健康交...    
<記事全文を読む>