リオデジャネイロ・パラリンピックの陸上男子走り幅跳びに出場した富士市の山口光男選手(30)=パーパス=が27日、県の障害者スポーツ応援隊として、沼津市の県立沼津特別支援学校愛鷹分校で講演した。
 生徒への実技指導も行い、パラスポーツの普及を図った。
 同分校の1、3年生約30人が参加した。山口選手は「生涯スポーツについて」と題して講演。陸上競技との出合いや自分の長所を見つけて成長できたこと、周囲の支えで挫折を乗り越えられた経験などを披露した。
 実技指導では、大股で走る「バウンディング」や、助走をつけてからジャンプするトレーニング方法などを紹介。3年の女子...    
<記事全文を読む>