アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」(12月15日)の出場権を争う西日本代表決定戦は12月1日、大阪府吹田市の万博記念競技場で行われる。関西学生リーグ1位校の立命大と同2位校の関学大が激突。リーグ最終戦で敗れた関学大は雪辱に燃え、4年連続の甲子園行きを期す。

 関学大は27日、西宮市の大学グラウンドで報道陣に練習を公開した。今季限りでの退任を表明している鳥内監督は、大一番を制する鍵に「最後はプライドを抱えて、意地を見せてやるかどうか」と強調した。

 リーグ2位校も西日本代表決定トーナメントに出場可能となった2016年以降、4年連続で立命大...    
<記事全文を読む>