東京2020パラリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーのLIXIL(リクシル)が27日、聖火ランナーの募集を開始した。同日、都内で開かれたランナー募集の発表会に、リオデジャネイロ・パラリンピック男子陸上400メートルリレー銅メダリストの佐藤圭太選手(藤枝市出身)が登場し、パラ競技の選手として「(周囲の)心を変えるヒーローでありたい」と述べた。
 ランナー募集のテーマ「思いやりやおもてなしの心で行動する身近なヒーロー」にちなみ、テニスの錦織圭選手やパラバドミントンの長島理選手らと、ヒーロー像を語った。佐藤選手は足を切断して落ち込んでいた頃を振り返り「パラリンピックの選手...    
<記事全文を読む>