2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックに日本選手団最年長で出場した卓球車いすクラスの別所キミヱ(71)=ドマーニ卓球クラブ=が、5大会連続となる来年の東京大会出場を懸けた戦いで苦境に立たされている。昨年から交通事故やけが、病に見舞われ、コンディションが整わないためだ。トレードマークのチョウの髪飾りで知られる大ベテラン。「厳しくても諦めてはいない」。自らを奮い立たせ、再浮上を期す。

 (兼村優希)

 「東京目指して頑張ってと言われるけど道は険しい」。切実な口ぶりには訳がある。

 昨年は不運続きだった。8月に横断歩道で車にはねられ、右の利き腕を負傷。9月にはその...    
<記事全文を読む>