広島県府中町教委がスポーツの部活動指導を担当する教員の働き方改革に向け、指導の一部を民間の専門企業に委託している新たな取り組み。国のガイドラインを踏まえ3月、休日確保や活動時間を定めた基準を盛り込んだ方針を策定したが、現場には戸惑いがある。教員や地域の意識の変化につながることを期待している。

 25、26日の放課後、府中緑ケ丘中と府中中で委託先のルネサンス(東京)のスポーツジムに所属するインストラクター2人が運動部員を対象に約1時間、指導した。両校とも期末テストの最終日だった。

 メニューは全競技に通じる筋力の向上などを目指す内容で、生徒は興味深そうに取り組んだ...    
<記事全文を読む>