世界ボクシング機構(WBO)女子アトム級王者の岩川美花(高砂)が12月7日、神戸市中央区の神戸芸術センターで、世界戦以来1年4カ月ぶりの実戦に挑む。47キロ契約のノンタイトル8回戦で、元東洋太平洋女王の神田桃子(寝屋川石田)と対戦。36歳の世界王者はけがに苦しみながらも「ボクシング以上に面白いものがない」と拳を下ろさない。

 岩川は昨年7月の世界戦で48歳だったレジェンド、池山直(フュチュール)に判定勝ち。2度目の世界挑戦で初の王座に就いた。通算成績は14戦8勝(3KO)5敗1分け。

 高知県香南市出身。30歳でボクサーの致命傷、網膜〓(U+525D)離を患った...    
<記事全文を読む>