スポーツクライミングのアジア選手権が6~10日、インドネシア・ボゴールで開催され、男子ボルダリングで宇南高1年の川又玲瑛(かわまたれい)(16)が全年齢の主要大会で初の表彰台となる3位に入った。2024年のパリ五輪出場を目指す次世代のホープは「達成感がすごい。体幹が強くなったことを実感できた」と確かな手応えをつかんだ。

 大会に出場した男子45人のうち、川又は最年少。気温が40度近くまで上がる屋外での開催と厳しい条件の中、予選を2位で通過し、準決勝も2位に入って上位6人による決勝へと駒を進めた。

 五輪代表候補の藤井快(ふじいこころ)(TEAM au)や緒方良行...    
<記事全文を読む>