日本オリンピック委員会(JOC)は26日、2020年東京五輪の日本選手団団長に専務理事の福井烈氏(62)、総監督に選手強化本部長の尾県貢(おがた・みつぎ)氏(60)=小野高出身=の就任を発表した。東京都内で行われた記者会見で、福井氏は「身に余る光栄と同時に責任の重さに心が震えている。最高の準備をしていきたい」と抱負を述べた。

 元プロテニス選手で日本テニス協会専務理事でもある福井氏は、JOCで長く選手強化を担当してきたが、主要国際大会で団長を務めるのは初めて。大役を担うに当たり、チームワークを重んじる意向を示し「全ての日本選手団がいきいきと自分の夢に挑戦できる環境を整えてい...    
<記事全文を読む>