ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会での日本代表の活躍に、女子日本代表(サクラフィフティーン)も続いた。欧州遠征中の24日、英グラスゴーでスコットランドと強化試合を行い、24-20で格上に競り勝った。対戦時の世界ランキングは日本が15位でスコットランドは11位。日本ラグビー協会によると、初対戦で初勝利という価値ある金星だった。

 開始2分に先制トライを許した日本は、同5分にカウンター攻撃からWTB谷口令子(アルカス熊谷)がトライを奪って反撃開始。2分後にもフランカー斉藤聖奈(三重パールズ)がトライを決めて10-5とリードしたが、同34分にスコットランドにモールを押し込まれ...    
<記事全文を読む>