東京五輪の予選を兼ねたトランポリンの世界選手権が28日、五輪の会場となる東京・有明体操競技場で開幕する。男女の個人決勝に進んだ日本選手の中で最上位が五輪代表に内定する。男子個人にエントリーする静岡産大2年の海野大透(ひろと)は、「持っている力を最大限発揮したい」と意気込む。
 東京五輪出場枠は各国最大2枠。世界選手権のほか、ワールドカップ(W杯)シリーズでの成績上位者が出場枠を獲得できるが、海野はW杯シリーズの個人戦に出場できないため、今大会が“一発勝負”となる。
 5月の全日本年齢別選手権を制し、世界選手権代表に選ばれた。「オリンピックを狙...    
<記事全文を読む>