7人制男子日本代表は12月中に東京五輪代表の2次候補を発表する予定。桑水流は2次候補入りを当面の目標にしている。12月に行われるドバイ(5~7日)と南アフリカ(13~15日)でのWSも当落の判断材料になる可能性もある。

 コカ・コーラからは石垣航平と津岡翔太郎もオセアニアセブンズでメンバー登録された。同セブンズには吉沢太一も同行。リオデジャネイロ五輪でチームメートだった副島亀里ララボウラティアナラは遠征から外れたが、代表復帰を目指す。

 W杯に出場した15人制日本代表勢では福岡と同じくWTBで活躍したレメキ・ロマノラバ(ホンダ)も五輪出場に意欲的だ。

...    
<記事全文を読む>