卓球のTリーグは24日、岡山市の岡山武道館などで4試合があり、男子4位の岡山リベッツは3位の琉球に2―3の逆転で惜敗し、今季初の2連勝はならなかった。通算2勝7敗(勝ち点10)で順位に変動はなかった。

 リベッツは森薗・町のダブルスが2―0で勝利すると、続くシングルスのチョ・デソンもストレート勝ちした。しかし森薗、吉村が競り負けた後、ビクトリーマッチ(延長戦)でもチョ・デソンが屈した。琉球は5勝3敗で勝ち点を17に伸ばし、2位に浮上した。

 東京は彩たまに3―1で勝ち、首位に立った。

...    
<記事全文を読む>