グランドスラム大阪大会最終日は24日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、女子78キロ超級で世界選手権優勝の素根輝(環太平洋大)は決勝で2012年ロンドン五輪覇者のイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末、大内刈りで技ありを奪って初優勝した。19歳の素根は今大会を制したことで、柔道の東京五輪代表第1号に決まった。

 男子100キロ級は16年リオデジャネイロ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が決勝でリオ五輪2位のエルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちし、4年ぶり2度目の優勝。世界選手権3位のウルフ・アロン(了徳寺大職)と飯田健太郎(国士舘大)は3位。 <記事全文を読む>