2020年東京五輪の代表選考を兼ねた柔道のグランドスラム(GS)大阪大会が22日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開幕して男女計5階級が行われ、元世界王者の阿部一二三(22)=日体大、神港学園高出=は男子66キロ級決勝で丸山城志郎(26)=ミキハウス=に優勢勝ちし、五輪代表に望みをつないだ。

 

 人生を懸けて、前に出る。男子66キロ級決勝。ライバルと向かい合った阿部はまなじりを決した。「何が何でも絶対に引かない。ガンガン行く」

 試合開始早々、足技で仕掛けた。決まらなくても「圧」をかけ続ける。残り50秒、丸山が繰り出した宝刀のともえ投...    
<記事全文を読む>