柔道のグランドスラム(GS)大阪大会は22日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級を行い、男子60キロ級決勝で高藤直寿(たかとうなおひさ)(下野市出身、パーク24)が永山竜樹(ながやまりゅうじゅ)(了徳寺大職)を延長戦の末に下し、2年ぶり5度目の優勝を果たした。GS通算では10個目の金メダルを獲得し、2020年東京五輪出場に向けて大きく前進した。

 16年リオデジャネイロ五輪銅メダルで26歳の高藤は、初戦の2回戦を合わせ技で制して順当に勝ち上がると、準決勝は青木大(あおきだい)との同門対決に勝利。五輪代表を争う世界選手権3位の永山との決勝は延長戦にもつれ込む接戦...    
<記事全文を読む>