アイスホッケーのアジアリーグHC栃木日光アイスバックスはレギュラーシーズン18試合を消化し、前半戦を折り返した。通算成績は8勝10敗、勝ち点24で7チーム中4位。前半戦の戦いを振り返り、2季ぶりのプレーオフ進出に向けた後半戦への課題を探る。

 

 前半戦の対戦成績を見るとバックスは、ひがし北海道クレインズに4勝2敗、王子とデミョン(韓国)にはそれぞれ2勝1敗と勝ち越した。ただ、首位争いをするハルラ(同)とサハリン(ロシア)にはともに3連敗と力の差を見せつけられ、いまひとつ波に乗り切れなかった。

 1試合平均失点はリーグ5位の2・72点。キル...    
<記事全文を読む>