スポーツビジネスに関する最先端の技術や流行を学ぶ「スポーツビジネスジャパン2019」(日本スポーツ産業学会など主催)が19日、さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで行われた。

 スポーツ市場の規模拡大に向けて、稼げるビジネスへの変革と新たな機会創出を図ろうと、4回目となる今年は初めて県内で開催された。

 ウエルカムスピーチには一般社団法人日本トップリーグ連携機構の川淵三郎代表理事会長、鈴木大地スポーツ庁長官、大野元裕知事、日本スポーツ産業学会の尾山基会長が登壇した。

 鈴木長官はスポーツビジネスに関するスポーツ庁の三つの柱として「スタジアムやア...    
<記事全文を読む>