兵庫県など関西を中心とした9府県で開かれる生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の決起大会が19日、大阪市内で開かれた。組織委員会会長を務める兵庫県の井戸敏三知事や大会応援大使でタレントの武井壮さんらが出席し、来年の参加者募集開始に向け気勢を上げた。

 大会はおおむね30歳以上を対象に4年に1度開く。アジアでは初開催。2021年5月14~30日に、公式競技35競技59種目(兵庫県開催11競技15種目)があり、神戸新聞社はメディアパートナーとして大会に関わる。

 県内では、神戸市立ポートアイランドスポーツセンター(水泳・飛び込み)や姫路市...    
<記事全文を読む>