東京パラリンピックの陸上男子車いすT52で代表に内定し、沖縄に戻った上与那原寛和(SMBC日興証券)は、那覇空港に待ち構えていた後援会関係者らからの祝福に笑顔で応えた。ドバイでのパラ陸上世界選手権を終えて、すぐに帰国し、17日の大分国際車いすマラソンに転戦した。連続したレースで表情には疲れも見えたが「東京パラで表彰台に上がりたい」と力強く目標を掲げた。上与那原と共に大分国際車いすマラソンに出場し、女子T34/53/54で日本新記録を2分17秒更新した喜納翼(タイヤランド沖縄)も空港で家族らに迎えられた。  

...    
<記事全文を読む>